Home > 新着ニュース > エコロジー志向性の強い消費者を調査

エコロジー志向性の強い消費者を調査

  • 2009年4月28日 17:10

エコロジー専門データマイニング広報の株式会社エコマーケティング、エコロジー志向性の強い消費者を調査。関心を持つのは20代から30代、個人年収は400万以下が6割、モバイルサイトよりもPCサイトを活用

 

エコロジー業界専門にデータマイニングを活用した広報・PR支援をおこなう、株式会社エコマーケティング(東京都千代田区:代表・山根 明彦)は、ブランドデータバンク株式会社(東京都渋谷区:代表・坂井 光)と共同で、約30,000人の一般消費者とエコロジーへの志向性が高い消費者約3,000人を比較調査し、関心対象年齢・年収・男女比・服装・趣味などに差異が見られることが判明しました。

 

 

今回、当社とブランドデータバンク社が共同で行った調査は、200712月の約1ヶ月間に30,859名を対象にしたインターネット上における「消費者調査」の結果を、独自のデータマイニング技術で分析して絞り込んだ、「エコロジー」に関心を持つ3,016名との志向性を比較したものです。

全体と比べ、特徴が見られたのは以下の項目となります。

 

■男女比 

全体 男54.5% 女45.5

エコロジー志向消費者 男42% 女58%

 

   関心年齢層

全体 2021.8% 3023.8%

エコロジー志向消費者 2026.4% 3027.9%

 

   個人年収

全体 200万未満35.8%  400万未満24.6%  600万未満18.9%

エコロジー志向消費者 200万未満43.6% 400万未満25.3% 600万未満16.0%

 

エコロジー志向性の高い消費者は、基本的には「他人の評価情報」を広く集めるために、ECナビのような価格比較サイトやmixiのようなコミュニティ媒体を活用し、視認性の高いPC用サイトを重視しております。

 

 

当社は今後も、ブランドデータバンク社と共に、消費者のデータ分析をおこなうとともに、それらの結果を活用した、成功確度の高い広報・PR支援を展開してまいります。

 

 

   株式会社エコマーケティング 会社概要

本社所在地:東京都千代田区丸の内1-1-3 AIGビルB1

役員構成:取締役会長 菅野 弘達

     代表取締役社長 山根 明彦

代表取締役  真野 友義

サイトURLhttp://ecomk.jp/

お問い合わせ先:info@ecomk.jp

事業内容 : エコ・リサーチマーケティング/PR事業

       エコ・ウェブマーケティング事業

       エコ・イベント/PR事業

       カーボンオフセット事業

       ファイナンス/コンサルティング事業

       CSR支援事業


page top